読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガーデニング・バイブルが安い店!

無農薬栽培によるバラ作りで人気を集めている梶みゆきさんが!12カ月を通じて庭の草花を手入れしていく方法を伝授しています。一月ごとに手入れの仕方が載っているので参考にし易いです。/7月の扉―さながらオーガニックの剣で害虫と戦うジャンヌ・ダルク

3月4日 おすすめ♪

2017年03月04日 ランキング上位商品↑

ガーデニング・バイブルバラと草花12ケ月のガーデニング・バイブル [ 梶みゆき ]

詳しくはこちら b y 楽 天

雑誌『BISES』で!その画期的なバラの庭づくりを紹介され!ガーデニング界のカリスマ主婦として!花や緑を愛するたくさんの女性たちから支持を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)月毎に管理法が書かれてあり!とても参考になります。ガーデニング界のカリスマが手にとるように教えてくれる。みゆきお母さんの本もっと読んでみたくなりました。/11月の扉―庭つくりはエンドレス。日焼けには要注意。梶さんの「バラの園を夢見て」を見てからバラにはまった私。/2月の扉―復活の第一楽章が始まった。写真だけでももう少し載っていたらなあ...と ガッカリしました。。見なれた庭が別の庭になった。 【目次】(「BOOK」データベースより)早春〜春に咲かせたい草花(1月の扉―土の中では春の準備がちゃくちゃくと進んでいる。。/4月の扉―庭で過ごす時間が長くなる。/8月の扉―水やりのことを考えて旅行をあきらめることもある。すべての生命を大事にしたい。無農薬栽培によるバラ作りで人気を集める著者が、12カ月を通じて庭の草花を手入れしていく方法を伝授。/3月の扉―緑のすみずみに目を配る。)/夏に咲かせたい草花(5月の扉―バラが咲いた。こんな風にガーデニング生活できたら素敵だなあっと思いました。バラをはじめ、季節ごとに庭の表情を豊かにするために何をどうすればいいのかが、イラストや写真、そしてアドバイスのポイントも明確に紹介されている。/6月の扉―庭はつかのまの休憩に入るが、人間は休んでいられない。。やっと購入です。この本も発売されてからずっと買おうと思っていましたが、なかなか機会が無く・・・。バラ栽培のバイブルになりそうです。/12月の扉―しんしんと冷える冬の夜に、寒さに弱い植物を守るために) 【著者情報】(「BOOK」データベースより)梶みゆき(カジミユキ)20年前からガーデンローズの庭をつくりはじめ、木酢液を中心とした化学薬品に頼らない「地球にやさしい栽培法」に成功。 【内容情報】(「BOOK」データベースより)人気のバラとクレマチス四季折々の彩りと緑。わくわくドキドキする毎日。宿根草の使い方がたくさん載っているとありがたいですが。はじめは小さく、すぐに大きく。梶みゆきさんの新しい本。(つ) いい土をつくる、空気の流れをよくする、日当たりを見きわめる、水やりを忘れない……。)/秋〜冬に咲かせたい草花&通年の花木(9月の扉―秋の花は!春の花よりも小さいけれど色が美しい。ガーデニング界のカリスマが手にとるように教えてくれる、失敗しない、楽しくできる土いじりのすすめ。/10月の扉―花の咲き乱れている秋なのに!もう来年のことを考えている。バラとクレマチス、その他の草花について月ごとに見ていくのも面白いですね。心豊かな土いじりのすすめ。レビューを見て購入し!まあ良かったのですが!人気のバラなど種類が少なすぎ。